研究会の活動

ご入会•お問い合わせ

ご入会や研究会へのお問い合わせは
こちらへどうぞ

年間スケジュール

例年の年間スケジュール

本研究会では会員の様々な研究面の需要に応えるため、毎年以下の研究活動を行っています。

項目内容
定例研究会5月、10月、2月
総会10月、2月
修士論文発表会7月
公開研究会不定期
合同研究会(分析ワークショップ)隔年開催
会員限定シンポジウム不定期
出張ワークショップ不定期
スーパーバイザー養成講座4月~
ニューズレターの発行定期(定例研究会・修士論文発表会・合同研究会の開催後)

活動内容

M-GTA研究会の各研究会の活動です。

定例研究会

年4回、都内の大学で開催。 研究会の活動の中心が定例研究会です。 東京の研究会では、年3回のペースで、大正大学を中心に開催しています。内容は、希望した会員による研究発表で、発表者とスーパーバイザーおよびフロアとの間で、活発なやりとりがあります。

修士論文発表会

公開研究会

公開研究会は、M-GTAの方法論に関する講演と、具体的な研究例に基づく公開スーパービジョンで構成され、主に地方で不定期に開催される。

合同研究会

合同研究会は、2年に1度、全国の各地方M-GTA研究会の会員が一堂に集まり、講演、分析ワークショップ(会員限定)、研究会紹介、交流会などを通して、M-GTAに関する学びと親交を深める目的で開催される。

SV養成講座

SV養成講座は、会員対象の有料講座で、質的研究の大学院前期課程(修士論文レベル)での指導やスーパーバイズ(SV)をする予定の方のために実施しています。M-GTAの講義方法、M-GTAを用いた論文指導やSVの実践方法を9月~12月にかけて、1泊2日の研修合宿、研究会での演習と最後のふりかえり講義を行います。 受講するための資格要件があります。修了者には講座担当者の審査を経て修了証を発行します。 毎年、7月ころに募集を開始します。講座の日程や詳しい内容、受講要件については募集要項に掲載します。

その他の活動

年4回、都内の大学で開催。 ・出張ワークショップ
出張ワークショップは、地方の会員が東京での研究会に参加する負担を軽減するために、少人数の会員および若干の非会員の参加でグループを地元で作り、M-GTAの学習会を企画し提案した場合、世話人会の検討を経て東京の世話人/スーパーバイザーが出張する事業です。予算化と総会での承認が必要ですので、実施は通常翌年となります。問い合わせはメールで事務局まで。

各地のM-GTA

各地方のM-GTA研究会

※当研究会と各地方研究会は別組織です。 各地方研究会の活動や入会方法、年会費については、それぞれの研究会にお問い合わせください。