会員による研究の紹介

ご入会•お問い合わせ

ご入会や研究会へのお問い合わせは
こちらへどうぞ

博士論文

論文と公開先の紹介

現在調整中です

書籍

会員の書籍

  • 得津愼子、家族主体ソーシャルワーク論ー家族レリジエンス概念を手がかりに ナカニシヤ出版 2018
  • 中村聡美、うつ病休職者の集団認知行動療法に関する混合型研究 風間書房 2018
  • 佐川佳南枝、記憶と感情のエスノグラフィー ハーベスト社 2017
  • 鈴木京子、教員の異文化体験―異文化適応・人間的成長・教員としての成長― 風間書房2015
  • 岩本 操、ソーシャルワーカーの「役割形成」プロセス-「違和感のある仕事」から組織活動への実践モデル- 中央法規 2015
  • 大賀 有記、ソーシャルワーク支援の発展的二重螺旋構造―役割喪失にともなう悲嘆作業過程の分析― 相川書房 2014
  • 赤畑 淳、聴覚障害と精神障害をあわせもつ人の支援とコミュニケーション-困難性から理解へ帰結する概念モデルの構築― ミネルヴァ書房 2014
  • 保正 友子、医療ソーシャルワーカーの成長への道のり~実践能力変容過程に関する質的研究 相川書房 2013
  • 久松 信夫、認知症高齢者ソーシャルワーク-ソーシャルワーカーの困難性と対処行為 相川書房 2013
  • 川先 俊子、韓国における日本語教育必要論の史的展開 ひつじ書房 2013
  • 黒岩 晴子、被爆者を援助しつづける医療ソーシャルワーカーたち 本の泉社 2012
  • 松戸 宏予、日英のフィールド調査から考える :学校図書館における特別支援教育のあり方  ミネルヴァ書房 2012
  • 浅野 正嗣(編)、ソーシャルワーク・スーパービジョン実践入門-職場外スーパービジョンの取   り組みから- (株)みらい 2011
  • 林 葉子、夫婦間介護における適応過程 日本評論社 2010
  • 山井 理恵、利用力/提供力を促進するケアマネジメント-支援困難なクライエントに対する実践活動の質的研究- 相川書房 2010
  • 三輪 久美子、小児がんで子どもを亡くした親の悲嘆とケア-絆の再構築プロセスとソーシャルワーク- 生活書院 2010
  • 長崎 和則、精神障害者へのソーシャルサポートの活用-当事者の「語り」からの分析- ミネルヴァ書房 2010
  • 山野 則子、子ども虐待を防ぐ市町村ネットワークとソーシャルワーク-グラウンデッド・セオリー・アプローチによるマネージメント実践理論の構築- 明石書店 2009
  • 標 美奈子、健康マイノリティの発見 弘文堂 2008
  • 横山 登志子、ソーシャルワーク感覚 弘文堂 2008
  • 小倉 啓子、ケア現場における心理臨床の質的研究-高齢者介護施設利用者の生活適応プロセス 弘文堂 2007
  • 三毛 美予子、生活再生に向けての支援と支援インフラ開発-グラウンデッド・ セオリー・アプローチに基づく大学病院のソーシャルワーカーによる退院援助モデル化の試み- 相川書房 2003