M-GTA研究会(実践的グランデッド・セオリー研究会)

ABOUT

M-GTA研究会は、質的研究の方法論である修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ
(Modified Grounded Theory Approach :略してM-GTA) を活用して研究する人びとの会で、
定期的に研究会を開いています。(正式名称は「実践的グラウンデッド・セオリー研究会」です。)
研究会のメンパーは、M-GTAを活用した研究を、これまでに数多くの論文や著菩にまとめて発表しています。 また、東京以外の地域でも活勁しています.

WHAT WE DO?

  • 定例研究会

    定例研究会

  • 修士論文発表会

    修士論文発表会

  • ニュースレター発行

    ニュースレター発行

研究会の活動の中心は定例研究会です。
東京の研究会では、2ヶ月に1回のペースで、立教大学を中心に開催しています。
内容は、希望した会貝による研究発表と横想発表で、発表者とスーパーパイザーおよびフロアとの間で、
活発なやりとリがあリます。年5回の定例会以外では、修士論文発表会を1回開催し、
M-GTAを活用して修士論文を君き上げた人と、これから君こうと考えていたリ現在君いていたリする修士課程生に、
発表者を限定しています。また、公開研究会(年1回)、合宿(年1回)、ニューズレターの発行(毎月、年計12号)
なども行なっています。東京のM-GTA研究会の他、西日本M-GTA研究会、北海道M-GTA研究会、
九州M-GTA研究会などが各地で活動しています。

NEWS

NEWS

2021.9.25
第93回M-GTA定例研究会

NEWS

2021.5.15
ホームページ再開いたしました
ホームページ再開いたしました

ご入会•お問い合わせ

ご入会や研究会へのお問い合わせはこちらへどうぞ